【退職への道12】公式発表

2006-11-29 (水)
- 前会社ネタ

退職前日。とても翌日に退職するという実感が沸いてこない。

午前中。いつもの日常、いつもの風景。相変わらず社内掲示版に情報が上がらず、別に公式発表がなくても翌日には会社を去るだけなのだが。

仕事の上では特にすることはなかった。退職後に苦労をかけることになる後輩にプログラムの説明など、多少は引き継ぎっぽいことをやってみる。

それからハードディスクのデータを消しまくるw

フォーマットすればいいじゃんと思われるかもしれないが、開発環境や設定などを残さなければならないため、フォーマットするわけにはいかない。 しかし6年半に渡るあんなデータやこんな人様には見せられないファイルが………!!というわけで、翌日の暇つぶし用にブラウザに登録してあるブックマーク以外の個人情報を必死になって消しまくった。

午後。人事のO村部長に会議室に呼ばれる。

退職が決まっているので、これ以上の引き留めはなかった(←当たり前)

会議室の椅子に座るなり、O村部長が私が提出した退職願を取り出した。

「まずこれなんだけど………これでは退職できないよ」

「………はい?」

突然に何を言い出すんだこの人は。インターネットで調べた退職願フォーマットに不備があろうはずがない。

「退職日が平成19年の11月30日になっている。これだと1年後だ」

「今年って平成19年では…………ないですよね」

返された退職願には確かに"平成19年"となっていた(→「【退職への道11】辞表」の写真参照)

(あちゃー………)

思い起こせば7年前。このO村部長から入社試験日の時間を聞き間違えて(←自分は今でも部長が言い間違えたのだと思っている)、その後の部長との面接で一悶着あったことを思い出した。 結局この会社での6年半はミスに始まって、ミスに終わるのか。そう思うとますます落胆した。

それからは退職までの事務手続きの説明を受けた。 一度退職が決まってしまえば、事務手続きなんて簡単なものだ。退職金の支払い願いと振り込み先を指定する書類、税務署提出する退職所得の申告書、 こんな紙切れを2枚書くだけ。

……ずいぶんと呆気ないものだ。

退職所得申告書 fig.退職時に書く書類(その1)
退職等通知書、給付金請求書 fig.退職時に書く書類(その2)

また、会社には次のものを返却するよう求められた。

  • 会社の鍵
  • 名刺
  • 健康保険証
  • 定期券

名刺が会社からの借り物だったという事実に驚いた。もっとも6年半で客先に出向くことは少なかったために、一度も使い切ることはなかったが。

12月の給料は日割り計算(10日分)で12月末に振り込まれるがその中から税金が引かれるので、ほとんど手元には残らないこと。退職金がいくらか支払われることなどを説明された。

それからO村部長としばしの雑談。O村部長も転職して弊社に来たことを話してくれた。なんでも前の会社でしゃちょーと一緒で強引に引っ張って来られたらしい(……なんか似てるな)。 今回の自分と境遇が似ているせいか、いろいろ励ましてくれたのは嬉しかった。

人事部長との面接が終わり自分の机に戻ってから暫くすると、社内掲示板で公式発表がされた。

公式発表 fig.お馴染みのタイトル"人事"w

自分の名前が書かれていると恥ずかしいものがあります。この掲示をあげるためにこれまで散々苦労してきた。そしてようやく上がりました。

終業後に昔いた部署に行き、M山さんたちと少し立ち話。「……ついに(掲示が)上がったね」と言われ、寂しそうに「……もったいないなぁ」と何度も繰り返していたのが印象に残った。 いったい何が"もったいない"のか、真意を理解できなかった。きっとこの答えは後になってから出るのだろう。

こうして前日は瞬く間に過ぎていき、滑り込みながらも退職に向けての準備は全て整った。

そして明日。ついに最終日。

……相変わらず退職するという実感が沸かないのですが。

コメント投稿

お名前
URL /
メールアドレス
(オプション)
コメント
今年の西暦

コメント一覧

実は、私も転職が目的で、今週の土曜大阪に行くことになっています。
奇遇ですね。よかったら転職のことを含めて相談にのってもらえませんか?

1. posted by やまなか

>やまなかさん
やまなかさんが転職を考えているなんて驚きました。
私でよければ喜んで相談に乗ります。

2. posted by 担当@navi研

的で、今週の土曜大阪に行く

3. posted by uk essays review

Hey people! I know that is so cool to be the best! So go for this website for essya adn homewrok adn be the ome who know how to do it! Good luck and have fun! Enjoy

4. posted by essay writer for you

この記事のリンク元

この記事のリンク用URL&トラックバックURL

http://www.worholicanada.mydns.jp/snapnote/nar/20061206_02.htm

archives & comments

Month

Comments