夏かつお、いとをかし

2007-07-14 (土)
- 或る日常の風景

自分の身辺がとりあえず一段落したので、久々に大学時代の友人Y地氏とヨコヤマ氏からお誘いを受け会食に。

企画好きのY地氏が、
「赤坂で美味しいかつおを食べさせてくれる土佐料理専門店を発見しました。しかも4,000円で食べ放題&飲み放題ですよ」
などと、熱っぽく語ってくれるので、自分を連れて行ってくれとかねてからお願いしていたことが今回実現したわけです。

その赤坂の店に行く前に、スーツを一着欲しいので良い店を紹介して欲しいとお願いしたところ、 わざわざ時間を作ってくれて私のスーツ選びに2人がつき合ってくれることに。
なんて良い人たちなのだろう。

折しも本日は台風接近による大雨。そんな雨の中、いつもの待ち合わせ場所である新宿へ。 会うや否や、いつも準備万端のY地氏(※1)にしては珍しく「すみません」と謝ってきます。 聞いてみると、赤坂の土佐料理専門店が6月末で閉店していたらしい。ガッティム!

(※1)いつも準備万端のY地氏……そのわりには高速で降りるインターを間違えて素通りして、計画をブチ壊したりしますが。だって人間だもの。みつを。

だが、しかし。と、Y地氏。
彼の調査によれば姉妹店が新橋にあるらしい。我々は赤坂店を諦め新橋店に行くことにしました。

まずはスーツと土佐料理の前に、ヨコヤマ氏がニンテンドーDSを購入したので移動中に遊ぶソフトをご所望ということで、 近くのビックカメラへ。ちなみにビッグカメラではなくてビックカメラらしい。

私はDSのソフトで「常識力トレーニング」を強力に推薦しておいたのですが、 私の提案は見事に却下され彼は「どき魔女」(※2)をご購入。

(※2)どき魔女……NINTENDO DSソフト「どきどき魔女神判!」のこと。属のタッチペンでゲームキャラ(女の子)の体をタッチしまくって尋問して魔女の紋章を見つければクリア、という内容のゲーム。ちょっと電車の中では遊べないゲーム。

本命は別に購入した「英語漬け」らしいけど。またまた~。どうせカムフラージュでしょ。 エロビデオだけだとレジに持っていけないので、別に見たくもないビデオとセットで借りる……というような。

赤坂の店は諦めたものの、Y地氏がよく利用するスーツのお店が赤坂にあるらしいので、まずは赤坂を経由。 恥ずかしながら社会人になって結構経つのですが、スーツは就職活動の時に着たのを一着(※3)持っているだけ。

(※3)就職活動の時に着たのを一着……世の中にはスーツを着なくても済む職業もあるのです。

今後のこともあるし、そろそろもう一着ぐらい買っても良いかなと考えた次第。 スーツなんてどれも同じだろうと考えていたのですが、やはり色々あるもの。 どれが良いのかよくわからず、結局店員おまかせモードで、一から十まで選んでもらう。

それ以前に店には腐るほど商品(=スーツ)が並んでいるにも関わらず
「お客様の体型にあうのは、これかこれのどちらかしかございません」
と言われ凹む。
選択肢が2つしかない以上、迷うことなんてないだろうと思うかもしれませんが、優柔不断な私としては結構悩みます。

結局、靴とネクタイ以外上から下まで一式揃えおよそ5万円ナリ。……裾直しって意外にかかるのね。 なんとも有り難いことにベルトをY地氏とヨコヤマ氏がプレゼントしてくれました。 一応、成功を祈ってということらしいです。

思えばこれまで節目、節目で色々な友人から祝い品をもらってきました。高校からの友人S本氏からは就職祝いにネクタイ。 かつての同期で今は社長であるishiiからもネクタイ。そして今回のベルト……など。
そう考えると自分は色々な人から応援されて生きているのだな、という思いを改めて実感するのです。

……プレゼントしてくれた人間が全員男というのが、アレがソレでコレがナニですが。

2番目のミッションも完了し、いよいよ土佐料理のお店へ。 実は姉妹店でも4,000円で食べ放題&飲み放題なのは、赤坂店だけだったようです。

(だから閉店に追い込まれたんじゃないのか……?)

新橋駅からよくわからない脇道をぐるぐる歩くこと約10分。立派な入り口が見えてきました。

土佐料理専門店「浪漫亭」

土佐料理 浪漫亭 map.土佐料理専門店「浪漫亭」

広い玄関は高級料理店を感じさせる佇まい。そして料理の数々。 単品でいろいろとチョイスしてもよかったのですが、ちょっとお値段が張るため全員でコースを頼むことに。 コース料理の価格は3,000円~5,000円(……だったかな?)

当然のことながら安いコースと高いコースがあり、 それぞれのコースにA(山の幸系)とB(海の幸系)の合計4種類をご用意。 全員が違うコースを注文すれば、たくさんの味を楽しめると考えた。

自分は煮魚は苦手なので、財布と相談して安いコースのAにしよう……などと考えていたら、 こともあろうに全員が同じコースにしやがった。なんのために3人いるのだ。

かつおのたたき fig.いきなりメインの品

まずトップバッターに出てきたのは、かつおのたたき。いきなりお目当ての品。味は確かに旨い。 新鮮な鰹のさっぱりした味が口の中に……と、料理のコメントは下手なので以下省略。

他にも……

くじらと海苔の天ぷら
fig.くじら(左)は日本の文化です

たいそう美味しい料理に舌鼓をうち、近況報告や人のうわさ話、趣味の話に大いに華を咲かせた。 会うたびに同じ話題のような気がしますが、話すたびに内容は新鮮。 感じの良い店員(出身はやはり土佐だった)さん達とも店のことや料理のことについて話すことができ、 とても有意義な時間でした。

……値段はそこそこいきましたがね(1人あたり1諭吉まではいかなかった気がします)

archives & comments

Month

Comments