Date:2006/June (Total 14 items)

« 11-14 | 6-10 | 1-5 »

決戦は日曜日

2006-06-16 (金)
- 或る日常の風景/学級日誌

毎度おなじみなのですが。今年もいよいよやって来ました。

東京都教員採用試験受験票 fig.決戦は7月9日

今年は世田谷にある日本大学文理学部。

「子供たちの理科離れが進んでいるのは、教師が理科嫌いだからだ。なので教員免許取得条件は修士以上!!」などというふざけた議論が平然と行われている近年。こんな議論がまかり通っていては免許を持っている学士は採用が不利になることも充分考えられます。もはや一刻の猶予もなりません。

いい加減この記事を書くのは今年で最後にしたいものです。そのために仕事で終電帰りが毎日続こうとも1日1物理を実践してきたのです(←最近サボリ気味だけど)。

みなさま。是非このわたくしめに力をお与え下さいませ。

  • 【関連記事】
    • 来た-SnapDiary(2005/6/22)

或る日常の風景/学級日誌 コメント ( 3 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 7

人として大切なこと

2006-06-16 (金)
- 或る日常の風景

遠距離通勤をしている私は毎朝確実に座るために始発の電車に乗るようにしている。この始発は急行で行くよりもさらに時間がかかってしまうのだが、多少時間はかかっても座って寝られることが重要。この始発のおかげで終電帰りが続いても辛うじて体力と心の平衡を保っていられると言っても過言ではありません。

そんな状況だから私が席を譲ることはまずあり得ないのですが、自分自身にどういう気持ちの変化があったのか・・・お年寄りに席を譲ることにしました。

それはいつもの車中。新宿までおそらくまだ40分以上はかかると思われる付近。いつもの如く、こくりこくりと眠りに誘われながら電車に揺られていた朝の通勤時間。

とある駅で、一人のお年寄りが杖をつきながら覚束ない足取りで乗り込んできました。当たり前のことですがもう座席は空いていません。お年寄りは私の2つ隣りのオッサンの前に立ちました。もちろんオッサンは爆睡中。さらに周囲にそのお年寄りに席を譲ろうというそぶりを見せる人間は誰もいないようです。

いつもなら年寄りなど真っ先に無視するのですが、今日はさすがにこれはマズいかもしれないと思った。このまま発車したら恐らくそのお年寄りはぶっ倒れるんじゃないか━━━━この私にそう思わせるほどのお年寄りの様子。しかし終点までは遙か遠い。しかも車内がちょうど混み始めた頃。ここで席を立ったら恐らく終点まで座れまい。しかし・・・。

このまま放置 → 年寄りぶっ倒れる → 救急車(霊柩車?) → 電車遅延

こんな図式がまざまざと脳裏に浮かびます。しかしここで席を立っては・・・。少しの葛藤の後、

「どうぞ。お座りになりますか?」

席を譲った自分がそこにいました。やはり人として大切なことは思いやりと年上への敬いの精神ではないでしょうか。情けは人のためならず。この当たり前とも言える小さな親切がたくさんの人に伝搬してこの殺伐とした世の中が少しでも良くなるならば、これ以上の幸せはありません。

[ 続きを読む ]

或る日常の風景 コメント ( 1 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 6 2 1

禿げよさらば

2006-06-14 (水)
- 或る日常の風景

いつまでもあると思うな親と金。

古来より幾人もの王や皇帝が求めて止まなかったもの━━━不老不死。私は今になってようやく判った。彼らの気持ちが。

この世の中のどこかに髪の毛に優しいシャンプーなるものがあるらしい。今日はそれを求めて新宿の小田急百貨店へ。

[ 続きを読む ]

或る日常の風景 コメント ( 2 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 6 1

踏み絵であぶり出し

2006-06-14 (水)
- 素人思考

この研究室のサーバーのプロバイダは"ぷらら"なのですが、今話題のファイル共有ソフト「Winny」についてこんな報道発表が……。

現在、個人向けBフレッツ対応接続サービスをご利用の方に提供中のセキュリティサービス「ネットバリアベーシック(*)」に「Winnyフィルタ」機能を追加することにより、Winny通信の遮断サービスを無料標準サービスとして提供します。

株式会社ぷららネットワークス「ニュースリリース」より

以前に"ぷらら"は、通信データを解析してWinnyによる通信を完全に通信を遮断するという方針を打ち出していましたが、総務省から「通信の中身を解読することは『秘密の保護』を定めた電気通信事業法に違反する」として指摘を受け、方針を撤回させた経緯がありました。

その時は総務省の見解にもろ手を挙げて賛同したものですが、まさか今度はこんな手を打ってくるとはね。

ま、Winny使っていないので関係ないですけど。

今回のサービス(?)は初期状態でWinnyによる通信を遮断します、でもWinnyを使いたい人は設定をOFFにできるので各自やってね。という内容のもの。

何ですかそれ?これって設定をOFFにしたユーザは自ら「私はWinny使ってます」って申告しているようなものではないか。これは江戸時代に切支丹の疑いをかけた人間にキリストの絵を踏ませて信者をあぶり出したまさに踏み絵の現代版。

……Winny使っていないので関係ないですけど。

設定をOFFにしたユーザの名簿を警察とかJASRACやACCSなどの著作権管理団体に売り飛ばすつもりじゃないだろうな。

「自分の通信内容の一部をプロバイダの一部に解析されるのは納得できません。したがって設定をOFFにします」と宣言して、Winny使っていないけど設定をOFFにしてやろうか。……って、この設定できるのは光ユーザだけかよ!

当研究室ではプロバイダを乗り換えようかどうか検討中です。どこかオススメのプロバイダがありましたらお教え下さいませ。m(_ _)mWinny使ってねぇけどな。

素人思考 コメント ( 2 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 6 1

カップヌードルのデザインに見る世相の変化

2006-06-13 (火)
- 素人思考

コンビニに「スープヌードル」なる商品が置いてあったので、物珍しさから買ってきてしまった。はじめは日本でも「カップヌードル」のパチもんが堂々と売られるようになったものかとがっかりしたが、よくよく見ると発売元は"日清食品"。カップヌードルの本家本元。

このスープヌードルなるものについて調べてみると、

[ 続きを読む ]

素人思考 コメント ( 0 ) トラックバック ( 0 )

この記事のリンク元 6 2 1 1

archives & comments

Month

Comments